image寒い日が続くからか、風邪や、インフルエンザはまだまだ収まる気配がないですね。

 

 

風邪は鼻やのどに起こる急性炎症をいい、正確には風邪症候群といいます。

喉の痛み、鼻水、鼻づまり、咳、痰、くしゃみ、寒気、発熱、関節の痛みなどの症状があり、通常数日で治ります。

しかし、免疫力の低下した人や、赤ちゃん、高齢の方はこじらせやすく、中耳炎、扁桃炎、肺炎などを起こしたりします。

風邪をひいた時には無理をしないことが大事ですよ。

風邪の原因として、ほとんどの場合、ウイルスや細菌が、鼻や口から侵入して感染します。

予防のポイントとして、手洗い、うがいが大事。特にこのうがいは、いきなりがらがらうがいをするのではなくて、ぶくぶくうがいをして口の入り口全面を洗い流してから、がらがらうがいをするのがオススメです。

治療の方法は、風邪の程度が軽い場合はからだを温かくして、栄養をとり、安静にするのが一番の特効薬。

但し、39度以上の高熱、のどの痛みや咳がひどい、鼻水や、痰の色が黄色や緑色になっているなど重い症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。

Sponsered Link

最後に、薬膳での風邪の養生法をお話ししましょう。

まず、「風邪をひいたら、からだを温かくして早く寝ましょう」とよく言われますが、漢方では、単に温めるだけではダメなのです。

もう一つ大事なことがあり、それは、悪い邪気を追い払うこと。

風邪(かぜ)の漢字からわかるように風邪(かぜ)は風邪(ふうじゃ)を受けることにより、風邪(かぜ)をひくのです。

よって、この風邪(ふうじゃ)を追い払うことが大事。それもごく初期のうちに。

では、どうやって追い払うのか?

風邪(ふうじゃ)を追い払うために、発散作用のあるものを摂取し、汗をかいて悪い邪気(ふうじゃのこと)を追い払うのです。
このことを漢方では「解表」(げひょう)と呼び、解表薬には身近な食材がたくさんあります。

使いやすいものとして、しょうが、白ネギ、葛があります。

参考までに、風邪薬として飲まれる漢方薬の”葛根湯”の中には、白ネギは入っていないけれど、このしょうがが入っていますよ。

普段の食事にプラスして摂ると良いです。

また、風邪を引いたときすぐに対応できるように、くずゆしょうが湯を常備しておいて、ぞくっとしたらすぐに熱湯でといて飲むと良いですね。

くずゆしょうが湯は、薬局へ行けばたいていおいていますよ。

そして選ぶ基準として、割高ですになりますが、ばれいしょでんぷんではなく、葛が入っているものを選んでください。ばれいしょでんぷんではあまり効果が期待できません。

ちなみに私は宅配のよつばで手に入る”くずゆ”を愛用しています。

IMG_7351 IMG_7352

ぞくぞくとして寒いと思ったらすぐにこの葛湯を飲みます。

外出先でぞくっとしたら、葛根湯を飲んでいます。

image

食事は温かいうどんや鍋を囲めたらベターですね。

その鍋の具として、白ネギはもちろんのこと、消化の良い鶏肉や、うどんなどを入れるといいです。

Sponsered Link