歳をとるにつれ、気になる加齢臭。40歳を過ぎると男女共に増えてくると言われているので、アラフィフのワタシとしては、気になる今日この頃。。
加齢臭ノネナールという物質の臭いで、決して良い香りとは言えません。電車に乗っていると、遭遇することもしばしば。
ノネナールは、加齢によって増加してくる脂肪酸が、過酸化脂質や皮膚の常在菌によって酸化、分解されることで発生します。
よって、この酸化、分解を避ければ加齢臭を避けることができるともいえます。
過酸化脂質は、コレステロールや中性脂肪などの脂質が、活性酸素によって酸化したものです。活性酸素は身体に害を及ぼすやっかいものですが、この加齢臭の元のノネナール発生にも関係しているのです。
この活性酸素の働きを抑える力が抗酸化力です。
若い人はみな抗酸化力が高いのですが、歳をとるとともに落ちてしまいます。
なので、加齢臭を抑えるためには抗酸化力を高める食べ物を摂る必要があるのです。

この抗酸化力を高める栄養素はビタミンA.C.Eが代表的で、人参、トマト、ピーマン、ブロッコリー、レモン、かぼちゃなどのカラフルな食べ物に多いんです。こういった食材を積極的に摂りましょう。他にアスタキサンチンを多く含む生のサーモンもオススメですよ。

Sponsered Link