スポンサードリンク

 

昨日、旦那が職場でいただいたうすいえんどう。

これがまた大量ではかってみたら1キロもありました!(^^)!

というわけで、今夜のおかずは豆ごはん♪

 

 

豆ごはんといえば、グリンピースで作るご家庭もあるとか。。

え~~?

グリンピースよりうすいえんどうで作る方が断然おいしいやん。

グリンピースはチャーハンによく登場し、ちょっぴり苦味がある。

けれど、うすいえんどうはほくほくとして甘い。

チャーハンには合わないけど、豆ごはんにすっごく合う。

調べてみたら、私の育った関西では豆ごはんといえば、うすいえんどう。

和歌山の特産だそうですね。

そういえばスーパーに並ぶうすいえんどうの産地は和歌山以外は見たことないなあ。

 

うすいえんどう豆は栄養面でも優れていて、タンパク質はもちろん、ミネラルやビタミンB1も豊富に含んでいる。

このB1は糖質をエネルギーに変える働きを助けるので、ダイエットにも◎

また、食物繊維も豊富なので便秘にも良し。

 

 

このうち300gほどを豆ごはん用に取り出し、残りは明日。

これをさやから取り出した豆をはかってみたら、150g程。

半分はさやの重さなのねえ。

重さをはかってみたのは、実は今日が初めて(^^ゞ

 

 

この豆を、2合の米と通常の分量の水を入れた炊飯器に入れ、

塩少々、酒大匙1、昆布2㎝角(羅臼昆布)を加えたら、スイッチオン。

その間に鶏もも肉の塩焼きとカブの炊いたんを用意。

 

 

さあ、食べようという段になって、ごま塩がないことに気づく。。

子どもたちはごま塩がないと嫌や~とわがままを(ー_ー)!!

それくらいなくてもええやん、と最初はごま塩なしで食べさせようとしたけど、

せっかくの美味しい春の味覚。

思い直して、自転車で5分の近所のスーパーへ買い出し。

 

 

すると次々と知人に会う(@_@;)

7時半ころだったけど、遅くに買い物するんだなあ。。。

そのうちの一人と話が盛り上がり、子供からまだ~?と何度も催促の電話。

帰宅したのは8時半を回っていた。

子どもたちよ。ごめん。おなかすいたやろ?

さ~、いただきます(^_^)

 

 

豆ごはんは甘くておいしかったよ~。

娘は去年まで豆ごはんは嫌いと言っていたけど、美味しいとぱくついてた。

味覚は変わるもんだね。

息子は小っちゃいころから大好物。

お代わりして炊飯器の中身はすっからかん。

多めに作ればよかったなあ。