子どもたちの風邪はひどくなってはおらず、本人たちいわく、風邪じゃない!!どうやら、アレルギーからくるものだったのかな。

さて、今晩のメニューは、お好み焼き。

篠山で購入した野菜のうち、山芋、キャベツを使用。つまみとして黒枝豆はもちろんのこと、小松菜の煮びたしを食卓へ。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
お好み焼きの作り方(4人分より多め)

<材料>

  キャベツ・・・1玉(粗みじん切り)

  豚ばら肉・・・300g

  卵・・・3個(お好み焼き2枚で1個の卵を使用)

  小麦粉・・・150g

  米粉・・・150g

  山芋・・・300g(すりおろしておく)

  シマヤのだしの素・・・1袋(10g)

  しょうゆ・・・小さじ1

  揚げ玉・・・50g位

  水・・・300g

①ボールに小麦粉、米粉、シマヤだしの素を入れ、水を加えて混ぜる。→山芋、しょうゆを加えて混ぜる

②ホットプレートの温度設定を230度にして温め、豚ばら肉を焼いて、焼けたら端へ寄せる。

③焼く直前に刻んでおいたキャベツと①の生地と卵、揚げ玉を混ぜホットプレートにのせて焼き、端へ寄せておいた豚肉をのせる。

④片面が焼けたらひっくり返して焼く→さらにひっくり返して皿へ移す。 

⑤とんかつソースをマヨネーズを塗り、仕上げに鰹節をかけて出来上がり♪

根っからの関西人であるワタシは粉モノ大好きです。ですが、カロリーが気になります。。そこで、ある工夫をしています。それは野菜を多くすることと米粉を使用すること。

米粉と小麦粉のカロリーはどちらも100gあたり360Kcal台と変わりありません。ですが、調理した後の水分量に差があるのです。米粉を使用したほうが、粉の使用量を抑えることができるのです。ですので結果的に摂取カロリーが減ります。

我が家のお好み焼きはキャベツと山芋がたっぷり入っています。そして小麦粉の一部を米粉に変えています。なので、満腹感は小麦粉だけの時よりしっかり得られ、ダイエット中の人にもオススメです。

最後に薬膳的なお話を。

米は、元気とエネルギーの源。胃腸を丈夫にし、消化吸収機能を回復させる働きがあるほか、イライラを和らげる作用もあると言われています。

キャベツは、胃腸の働きをよくしてくれます。胃もたれや胃痛を感じたときは積極的に摂りましょう。

山芋は、滋養強壮に。消化吸収を高め、体を潤す作用があり、美容効果の高い食材です。漢方薬では、年配の方に処方されることの多い八味丸の構成生薬でもあります。

卵は、ビタミンCと食物繊維以外の栄養成分を含んだほぼ完全栄養食品です。

お好み焼きはジャンクなイメージですが、きちんと手作りすると余分なものがはいっていないし、健康的な食事ですよ。
ぜひお試しあれ~

スポンサードリンク