薬膳ごはんで叶える健康生活

薬膳やアレルギーの知識や旅行などの豊かな生活を送るための情報ブログ

プーケット旅行 4日目 7/23

スポンサードリンク

本日も終日自由行動予定

午前中は、プールでひと泳ぎ後、子ども達とダンナは、ビリヤード。

image

母と二人で船に乗ってカナルビレッジへ両替を兼ねてショッピングに行ってきました。

この船、乗り放題なんですよ(*^^*)

部屋からすぐのプールサイドから出ていて、うまくいけば5分程でカナルビレッジに到着♫

image

image

まず!ジムトンプソンへ。

ワタシは何も買いませんでしたが、母は自分用のTシャツを買っていました。

次にジムトンプソンのアウトレットへ。

ここでも母は自分用のTシャツを買っていました。

ここの品物は、プーケットだけでなく、日本に帰ってからも使えそうな品物ばかりなので、オススメですよ^_−☆

image

次に昨日も行った店で、スイカジュースを飲み、両替をして3時頃ホテルへ戻りました。

するとちょうど遅いランチ中。

母と二人でクラブサンドを注文。

思ったよりボリュームがあり、美味しかったです(*^^*)

image

 

夕方からは、日本でダンナがネットで予約しておいてくれた

カマラビーチにある、プーケットファンタジーへ行ってきました。

この出発にもゴタゴタがあり、

ダンナがカナルビレッジへ買い物行くから、もし遅かったら先に言っといて〜と4時40分頃でかけたのですが、集合時間は5時35分,

ワタシ達は30分頃集合場所に着いたらすぐに迎えが来た。

ちょっと待って。

遅れて来るからと伝えたけど、なぜかキャンセルになっていた。

でも拙い英語でなんとか交渉の上、チケットをゲット。

ダンナはどうしたかというと、HISへ置いてかれた〜と連絡を入れ、なんとか別のツアーバスに入れてもらい、無事合流(*^^*)

出会うなり、置いてくな〜!

と言われたけど、私の英語が通じず、私よりは話せる息子に交渉させたけど、何よりこの引率の人の英語もむちゃくちゃ(-_-)

結局、プーケットファンタシーへもキャンセルと連絡している始末。。

こういうこともあるんだねえ。。

日本のツアー会社に予約しておいてよかった〜とつくづく思いました。

 

17:30頃ホテル出発

18:30頃
プーケットファンタシーに到着

19:00頃
ゴールデンキナリーレストランにてディナー

20:30頃
象王の宮殿(シアター)へ入場

21:00頃
プーケットファンタシーショー開演(75分)

22:30頃
ショー終了後、プーケットファンタシー出発

23:30頃
ホテル到着

このプーケットファンタシー、直接現地で申し込んだ方が安いけど不安なので、HISで予約しました。

↑ホントその通りです。

大人  THB2000.00(約6,560円)
子供(3~11歳)  THB1800.00(約5,900円)
幼児(3歳未満)  THB0.00(約0円)

プーケットファンタシーは、「カマラ王国」という幻想的な神話に沿ってこのテーマパークが成り立っているそうです。

およそ140エーカーの広大な敷地内には、

カルチャーショーが上演されるシアターや巨大なビュッフェレストラン「ゴールデン・キンナリー」で夕食。

食事はまぁこんなもんかな?

という感じです。

食後、ショーまで時間があったので、またぶらぶら。

すると、ゾウさんに乗って写真を撮ってもらうイベントをやってる!

しかも歩いてくれるよ!

二手に分かれて乗りました(*^^*)

なかなか楽しかったよ^_−☆

他には、民芸品を買うことのできるショップや民族衣装を着て撮影できる「マジックフォトショップ」などがありました。

さてこの次はカメラや携帯電話を預け、ショーの始まり〜♩

ふと気づくとお隣に座った中国人?らしき人が携帯電話を操作してる(^_^;)

持ち込む人もいるんだぁ。

 

「Fantasea of Kingdom~王国のファンタジー~」と呼ばれるショーは、

カマラ王国という幻想神話に沿って、

タイの文化や古典舞踊などが約1時間30分繰り広げられ、

150人ものダンサー、約20頭の象のショーは見応えがありました。

象のショーというより、ダンサーの踊りの方が多かったな。

終了後、携帯電話と象さんの写真を受け取り、バスでホテルまで戻りました。

この日も夜遊びで遅くなりました(^_^;)

 

 

2 Comments

  1. わぉ〜いいなぁ🎵たのしそー\(^^)/
    仲良く楽しんできてね👍

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

© 2018 薬膳ごはんで叶える健康生活

Up ↑