ついに買いました。リバーライト 極のフライパン。ずーっと欲しかったんです。でもこのフライパンを購入するまではなぜかやっぱりこっち。。と、フッ素加工のフライパンを購入していました。

やはり、焦げ付きが心配だしフッ素加工のつるんとした仕上がりの誘惑にも負けて、ついついフッ素加工のフライパンを購入していたのです。

だって焦げ付くと嫌じゃないですか?しかも鉄のフライパンはきちんと油がえしをしないと焦げ付いたり、手入れも大変そう。。。というのが欲しいと思いつつ敬遠してきた理由。

でもこのたびイオン茨木で10%オフセールを実施していたのもあり、思い切って購入しちゃいました。

で、早速のメニューはハンバーグ。やはり焦げ付きましたが、香りが良く、ちゃんと中まで火が通ってふんわり仕上がりました。食べてみた感想も良い

子供達はおかわり〜と言ってそれぞれ合計3個食べ、800gの合挽きミンチを使用して作った8個のハンバーグがあっと言う間になくなりました。

フライパンの手入れも思ったより楽でした。ササラで洗った後、乾かして油を塗るだけ。

まさに、案ずるより産むが易し ですね。

この極の特徴は、

①熱をしっかり蓄え、食材に熱をたっぷり伝えるので炒め物はシャキッと、焼き物は香ばしく仕上がる。

②耐摩耗性能を持ち合わせているので削れることはない。

③調理に使うたびに鉄分を摂ることができる

④極めて錆びにくく、面倒なお手入れ要らず。

⑤IHヒーターでも使用できる。

どれも、魅力的な特徴ですが、その中でも鉄分が摂れるというところがワタシにはポイントが高いです。

スポンサードリンク